上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんどは五ヶ月空いてしまいました。

その後はモモが盛りに入ってしまいまして。
初期の頃はそんなにうるさくもなかったんですが、
最近はパワフルになって手術した方がいいのかな、と思うようになってきました。

もし飼ってくれる人が手術を望まない可能性もあるのでどうしたものか、とは思いますが。

しかし最近のはやり?としては手術した方が病気の可能性も減るし、
新しい飼い主さんを探す猫は日本全国いっぱいいることだし、
よっぽど繁殖を望まない限りは手術した方がいいと思うんですけども。

例によって先住猫のコテツが情緒不安定になり、
下痢するわ吐くわでそちらも大変なことに。
今薬のおかげもあって回復に向かっているようで一安心。

コテツが治療食を食べてることや、
仲良くならないこともあって相変わらず母娘はケージ暮らし。
猫トイレの掃除をする少しの時間だけ、外に出してあげるんだけど
大部分の時間閉じ込めておくのはやはり可哀想。

早くいい飼い主さんが見つかるといいなあ。
スポンサーサイト
長らく更新してませんでした。
なんと3か月ぶり。
その間何があったかというと、まず年末にサクラが盛ってしまい夜はあまり眠れず。

1月9日、去勢手術。
1月21日、抜糸し、帰宅後一瞬の隙をついて脱走。

抜糸したばかりでタイミングがいいというか悪いというか・・・
繁殖はしないけどご近所にフンなどで庭を荒らす心配はある。
もっともこのあたりは首輪を付けた猫がわりとうろついてるので
このまま見つからなければサクラにとっては幸せか・・・とも考えていた。

モモが一匹で可哀そう&寂しいのかうるさく鳴くので
ケージから出来るだけ出してやる、夜も一緒に寝てやる
(その間先住猫のコテツが拗ねる)

それまでなでられるのも抱っこも嫌がっていたモモが徐々に慣れ始める

2月9日、お隣さんに教えてもらい、サクラ発見。
警戒しつつも出してやったエサを食べ、手に体をすりつけて甘える。
二十日弱野生に戻っていたためか本気でガブガブ噛まれるも捕まえて連れ戻す。
噛まれたのが痛いのよりも、久々にサクラと会えて少し目頭が熱くなった。
お隣さんにはスキー用の手袋すればよかったのに、と半分呆れられてた^^;

やはり外より安心出来るのか、ケージの中で疲れたような安心したような表情のサクラ。
一方でモモがサクラに威嚇しまくり。サクラは抵抗せず。
知らないおばちゃんがキタ!って感じ。お母さんだよ・・・TT

エサを食べているサクラを怒りながら押しのけて自分がエサを食べるモモ。
以前は全く歯が立たず、サクラの食べ残しを食べていたのに、成長したなあ。
サクラは以前よりエサに対する執着が増したような・・・脱走中ひもじかったのかな。



とりあえずエサと水の容器にエサとエサを入れてみると仲良く?同時に食べるようになった。
水は少し大型の容器に変更。ペットボトルを逆さに突っ込み、自動補給出来るタイプ。

だいぶ慣れてきたけど、モモがサクラに噛みついてケンカを売る場面も。
サクラは以前ほどではないけどまだ余裕があるかな?適当にあしらってる感じ。
ずっとケージの中じゃ遊び盛りはストレスたまるよね。
おもちゃで遊んでやれるといいんだけど、なかなか時間が・・・

体を寄せ合って寝てる場面やお互いをなめあってる場面も出てきて一安心。

人に慣れてきたモモから先に飼い主さんを探した方がいいかも。
今が一番元気で可愛い時期だから、誰かいないものか。

検便してみても寄生虫無しでよかった。
ノミもいないみたい。

サクラは大人猫だけどおとなしいしブサカワイイので、
雰囲気のある感じがあるので気長に探せば飼ってくれる人はいるような気がする。
2009.11.16 乗り越えろ!
最近は寒いのでトレーナーを着てみた。
すると、ジャージまでしか登れなかったモモが肩まで自力で登れるようになって
何度もダン!とジャンプして飛びついてきては肩まで上がってくる。
相方にまで飛びつくので、ギャーギャーとやかましい。
登ってくるのはいいが、肩を足がかりにして
別の場所へジャンプしようとたくらみ、周囲をきょろきょろ見渡すので気が抜けない。
とりあえずテーブルに乗ろうとするとエアーダスターでシュッとひと吹きすると逃げていくけど。
2009.11.15 視覚効果?


なんかサクラが子猫に見える。
顔が大きく見えるからかな?


南北じゃありません。
モモよお前はニンジャかスパイダーマンか?
もうすでにこの3段ケージはモモにとって狭い世界になってしまったようです。

新しい飼い主さんに出来るだけ早く会わせてやらなければ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。